<< やっくびー | main | チェス >>

授業で思ったこと


文才がなくて悩んでます
桜井もみじ☆です

とある作文の授業で
やったら怒られます

書き方が違う
表現がややこしい
しつこいくどい、と言われます

確かに文才はないさ
その分、ずっと努力で補ってきたさ

で、こんな文章を書いてるよ

でもね、
俺が昔ごはんに投稿してた頃、この表現がいいよって言ってくれた方がいたんだよ
書き方がおかしいって言われたことはないんだよ
展開が急だとかはあったし
まだまだ文章がつたないのは仕方がないとしてさ

でも、ここまで言われたことってないんだよ
俺が書きたいのはそういう型にハマったものじゃないんだ
思いや気持ちや世界を含んだ、これが俺だっていう文章だ

その自分を大いに否定されて落ち込んでいます

そんなに読みにくい文章だろうか?
なにも考えずに書いてんじゃないんだ
きっちりかっちり、
文法に則った読みやすいものを書いてるつもりだもんよ

わざと強調するために改行を繰り返したり、
逆の意見をならべてみたり

でも、それが間違ってるとは思ってないよ
だって文章だって結局は芸術で答えなんてないじゃん
せいぜいそれっぽいのしか答えにできないし、
似たり寄ったりの文章じゃ目に止まらない

やっぱり人を惹きつけるような変わった文章だった方がいいと思うんだ
読みづらいなら仕方ないけど。

そういう意味じゃ表現がややこしいから率直に書けってのは理解できる

しつこいくどいってのもまあうなづけるさ

でも書き方が違うっておかしいと思うんだ
だって書き方には答えなんてないから

書き方はある程度の型はある
でもそれに則るのではなく、
利用して型を崩すのもありだと思う

元編集者ですとか新聞記者です作家ですってならまだまだ仕方ないなと思うよ
国語の先生でもそう

でも、悪いけど先生はコンピュータの学校で簿記の授業やってるんだよ?

それって国語とは関係ないし、
そこまで偉そうにここダメって口出せるのかな?

俺の文章はいつだって直されてるけど、
こんな回りくどい書き方じゃダメって先生の好みじゃん
そっから先に興味持てないんでしょ?

俺が書きたいのはファンタジックで胸の踊るような、青春の一ページ
人生どん底に落ちても立ち上がって打ち勝ち世界を変えて行く
そんな話

多少はいいよ、別に
でも個性を完全に消すようなきっぱりした物言いは嫌だ

この表現がどうしたって説明したってわかってもらえないんだ

普通に誰が見たって読みやすいのは確かなのに、
どこかが気に食わないのか激しいダメだしを食らう


俺がやりたいのと違うなら
書いてたって楽しくない

いくら作文でも、起承転結のきっちりした文章なら構わないと思うんだ

あの先生が好きなのは、
型にハマった新聞記者みたいな文章だ
それこそ寸分の狂いもないような

それってさ、個性じゃなくて事実を伝える文章だよね?
就活だって企業がみたいのは個性と人柄だよ

個性を消してしまったら意味ないんじゃないの?

そりゃ、ぶっ飛んだ文章なら直すべきかもしれんよ

でも俺、作文の授業で突っ込まれたの小学校以来だよ?
高校では作文が本に掲載されたよ

なにか間違ってるの?
俺の文章、そんなにおかしいの?

なんかね、ふとそう思った




| 今日の出来事 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:25 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック