<< スタートリガー8 | main | とてつもなく頭が痛い >>

オレはすんげぇ幸せだ☆

JUGEMテーマ:日記・一般

すんげぇ幸せです。
桜井もみじ☆です。

ずっとずっと親に馬鹿にされてきたのがあって、
もう三か月も経つのにまだ夢を見ているかのような気分です。

実はね、オレコン専に入る前
「お前なんかにプログラムなんて無理に決まってる」
と言われたんですよ。

母親は勝手にオレを理学療法士にしようと専門学校に入れようとしてました。
学校で先生に理学療法士は超がつくほど難しいと言われていたので、
なぜそんな無茶しようとするのか理解不能でした。

だって算数の時点で理解不能の境地に達してたんだから。

でも、オレはずっとずっと昔から、
パソコンが好きでよく学校でも人に教えたりしていました。
(いまならぐぐれ!っていうけど)

その時、こっちのがまだ性に合ってると思ったんです。
男だらけの方が性に合ってるって。
女の子の輪の中で、我慢して真似して、何が楽しいのか分からなくて。

だから、コン専にすると言いました。
日本を出て、遠い世界を見てみたかったんです。

もうその時から、自分一人で生きていくと決めてたんです。

でも世間体をやったら気にする母親は
そんなに文句があるなら奨学金をもらうからほっといてくれと言った途端
「そんなの払える訳ないでしょ?」
とは言いました。
でもあれは完全に世間を気にしてる目でした。

結果、コン専には入ったけど、
確かにずば抜けて馬鹿だったオレは落ちこぼれちまいました。

後で知ったんだけど、オレが一年の間一緒だったクラス、
前代未聞の超賢い連中の集まりだったらしいです。
そりゃ、落ちこぼれるわと気がつきました。

留学から戻ったら戻ったらで、知らないやつらばっかりのクラスに入れられて、
寂しいのもそうだけど、授業に全くついていけないので焦りました。
だって、一年間、留学の為にずっと英語の勉強をしていたんだから。

でもね、俺って断崖絶壁に追い込まれると力を発揮するタイプなんですよ。
気づいたらC++の授業もJavaもなんとかついていけるようになったから。

その時、なぜか毎回遅刻してきてオレの隣に座る謎の子が
オレのプリントを見せてくれって言うようになりました。
聞けば、その子はクラスの問題児だったとか。

そいつと話してるうちに、そのクラスの子たちと仲良くなって、
気がついたら毎日すごく楽しかった。

あの時は迷惑な奴だなと思ってたけど、オレはその遅刻魔にちょっと感謝しています。
オレよりダメなやつがいるしなんとでもなるよとか、
オレをクラスの輪に入れてくれたとか(きっかけだっただけかもしれないけど)

たまに思います。

結果的に、オレは絶対無理だと言われてたプログラマになりました。
それもなかなかいい会社に入社できました。

あの時、親の言う通り無茶して学校に入っていたら、
きっと今頃資格どころか友達にも恵まれずに泣いてただろうなと思うんです。

楽しくてエキサイティングで、ぶっ飛んだ毎日を送れる今があって、
時間もあって、お金にも生活に困らない程度にはちゃんともらえてて

オレは幸せだなと思いました。

お前には顔しかないとか、散々な事を言った母親にも一つだけ感謝しています。
オレが早々に家を出ることができたのは奨学金をもらっていないから。
お年玉を没収されて、遊びに行くことも出来ずに我慢していたから。
おかげでオレの名義の貯金通帳をひっつかんで家を出られたわ。

高校の時なんか、オレは5000円でやりくりしてたのに、
妹が毎日遊びに行く金をねだってはあげてたんですよ。
挙句、バイトしろとか言い出すんですよね。

そして働いたお金で買ったキーホルダーを妹にとられて、
(300円だったけどさ、時給700円で考えてみ? おかしいだろ?)
自分で貯めたお金で買ったものを雑に扱われるのを見ていきました。

オレが作ってきたものを散々否定して、コケにしてきた。

やっと逃げ出せて、本当に幸せで。
あの頃を思い出すと、本当につらくて。

今こんなに幸せなのが怖い。

いつ突き落とされるんだろうと、
思えば思うほど怖くなります。

毎朝、電車に乗って会社に向かうたびに思います。

昔はあの空を仰いで泣いてたなとか、
必死で生きてきたなとか。

散々脅されてきたけど、
あの家の中の方がよっぽど窮屈だった。
自分の家だとは思えなかった。

どんなに嫌なバイトでも、
駅から家までの10分間ほどつらいものはなかった。
星空を仰いで、
どうせまた誰かが風呂を三時間も占領するんだろうなって思わなくていい。

自分の部屋に帰って、
うさぎにただいまって声をかけて、
カバンを放り出してドラマを見ていられる。
小説を書いて。

もっぱらの悩みは晩御飯mのメニューだし。

本当の家を初めて見つけました。
もう何にも怖くありません。

まあ、台風が来るって言われて初めて
この部屋に雨戸がない事に気が付いたけどさ。
これは確かにかなり怖いわ。
どうしたらいいんだろね。

南側とか、全面ガラスだよ。
これ、かなりの面積だと思うんだけど。
段ボールでふさぐにしたって、
この面積にはかなりの段ボールが必要よ。

なんか、気長に考えます。


ではでは☆
| 今日の出来事 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック