<< 海の見えるところに住みたい | main | 胃潰瘍になっちまった >>

お久しゅうございます

JUGEMテーマ:毒親

こんばんは
爽やかな気分の桜井もみじ☆です。

胃を痛めてからまあまあ、毎日気を付けていたんですが、
カレー、こんにゃく、するめの類全部ダメって辛いっす。
早く美味しいご飯が食べたいものです。

最近、親に絶縁状を書きました。
よって爽やかな気分でこれを書いているのですが。

案外、逃げられた人って少ないんじゃないかなって思ってます。
クソったれな親から逃げるのはきっと、ずっと大変だろうなと思います。
うちはまだマシな方だと思うのですが、それでも逃げることに本当に苦労しているわけだし。

どっかのサイトで見たのですが、毒親は大抵、自分が毒だと気づいていないらしいです。
気持ちの整理とかいろんな意味でも絶縁状って効くそうなので、ぜひとも試してもらいたいと思います。

そんな事言いながら、自分もどうなるか分かったもんじゃないんだけどね。
指輪を送り返したし、言いたかったこと、全部紙にかけたし
こっちとしてはずいぶんすっきりしました。

電話なんかだとさ、言い忘れなんかもあるじゃん。
それに、言う方としてはかなりテンパるから。
どんな失言するか分かったもんじゃないでしょ?
どっちみち、あの人達、人の話は聞かないし。

紙に書いとけば、その点言い忘れなんかは減るじゃん。
特にあっしは仮にも作家を目指してる訳っすよ。
そりゃ、文章にする方が簡単よ。
言葉にするのは難しいけど、パソコンに向かってたら、いくらでも文章なんて浮かんでくる。
それに言い直しは出来ないけど、書き直しは何度だって出来るもんね。

しゃーないじゃん。
オレには明石家さんまみたいな喋りの才能はないんだし。


でもホント、すっきりしました。
指輪も送り返せたし、もうこれ以上ないってくらいの自由を満喫しています。
あの指輪、すげぇ小さくて合わなかったし。

売り飛ばしてやろうかと思ったんですが、それだと結局その金に甘えることになる訳じゃん。
それじゃあ意味ないよね。

自分で道を切り開いていくのはすっごく楽しいもんよ。
そりゃ、プログラミングの才能がカケラもなくてもさ。
鬱陶しい電卓プログラムを組んでみたり、
会社に毎日通ったり。

そりゃ面倒だったり辛いけどさ、今は帰る場所があるから。

家に帰ればクロたんが待ってるし、耳障りな連中の声は聞こえない。

何より心からただいまって言えるよね。
居場所があって、帰る場所があって
多少鬱陶しがられてもさ、それがなくちゃね。

今までどれだけ帰る場所がなかったのかって実感します。
どんなに辛いバイト先でも、ホント帰りたくなくて仕方がなかったから。

もう少し頭がよかったら、こんなに苦労はしないんだろうけど。

これでもう少し文才があればなぁなんて、最近凄い思う。

とりあえずもう少しだけ頑張ってみます。

ではでは
 
| 今日の出来事 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 01:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック